施工事例

一覧に戻る

子供との触れ合いを大切にする家。

子どもの誕生を機に家づくりを考え始めたT邸は、子どもと触れ合えるアイデアが満載。

まず、住まいの中心であるリビング。

吹き抜けを通して住まい全体を緩やかにつなげることで、どこでも家族の気配を感じられる。

また、キッチンは対面式に。家事をしながらでも、子どもを見守れる間取りとなっている。

他にも子どもの勉強や両親の作業場として家族が自由に過ごせるオープンなファミリースペースなど、いろんな場所で子どもとの関わりを自然と持てる住まいとなっている。 

もちろん、暮らし心地も大満足。高い性能のおかげで夏でもエアコン一台で快適に。

冬はリビングに床暖房を設けた事で、吹き抜けがあっても足元からぽかぽか暖かい空間となっている。

「吹き抜けからは光がたくさん入ってきて気持ちいいです」と奥様。

季節問わず快適に過ごせる住まいが、家族の絆を深める。

 

吹き抜けの窓が導く光がLDK全体を照らす。ご主人の要望でリビング階段は螺旋階段に。夜の照明使いも美しい。

 

スクエア型のモダンな外観には、白のガルバリウム鋼板を使用。

 

キッチンは来客の際に手元が見えないよう、カウンターを少し高めにして生活感を隠す工夫が。

背面収納はオープンな可動棚となっており、何が置いてあるかが一目でわかる。

 

トイレもスタイリッシュに。

コンパクトな手洗い器をブラックにし、アクセントクロスでコーディネート。

 

サニタリースペースは、木目を基調として、温もりのある空間に。

 

階段下収納の扉をあえて木目にして、大人可愛く。

スチール階段に手すりを付けないことで、空間を最大に。