エイキハウスの家づくり

一覧へ戻る

木造の家WOOD FRAME

エイキハウスの木造住宅はお客様の「健康」「安全」「個性」を第一に考えた家作りです。
家族が成長するにつれて、家に求めることは日々変化をし続けます。
また家は私たちが人生で一番長い時間を過ごす場所です。
そんな家が安らぎや安心を感じられるオンリーワンな家であってほしい。

200年住宅ビジョン:高断熱・高気密の一歩先へ

「200年住宅」といえば、省エネルギー型の長寿命住宅です。
政府も住宅土地調査会を設け「200年住宅ビジョン」の作成に向けて検討を進めています。

現在、日本の木造住宅は「25~30年建てば評価はゼロに近い・・・・・?」
そのままではいけない!日本の木造住宅は、長く魅力のある家であるべきです。
高温多湿の日本の気候では、結露や腐朽菌、カビ、シロアリが繁殖しやすく
それが、木造住宅の寿命を縮める要因になりがちです。

「エイキハウスのオリジナル工法」を採用すれば、優れた断熱性能を備えながら
高断熱・高気密住宅とは一線を画す、太陽の温もりや風の涼など、
自然の恵みを活用する、健康的でさわやかな省エネルギー住宅。

「次世代省エネルギー基準」に対応した家づくりができます。

長寿命なので、長期に渡って環境に負担をか けずライフサイクルコストを軽減できます。

エイキハウスの木造住宅は…

  • 自然素材へのこだわり

    今でこそ、無垢の木と自然素材を使った家は珍しくありませんが、私たちは約20年前から無垢材や漆喰の壁など、天然素材の素晴らしさに着目していました。

    エイキハウスがつくる家は、四季のある日本の気候に順応できる吸放湿性を持ち、室内の空気を汚すことのない無垢の木と選りすぐりの天然素材を標準で使っています。柱は檜(ひのき)、床は無垢材、壁は漆喰など、細部に至るまで徹底しています。ここまでこだわる理由は、お客様が理想とする家づくりの最大のカギが天然素材にあると知ったからです。 近年問題になっている新築の 住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれるシックハウス症候群。

    健康面での安心、安全、建物の耐久性や機能性、そして何よりも暮らしの心地よさ。
    人間も自然の一部である以上、家も自然素材だけでつくるのがいちばん良いのです。

  • 耐震・耐久へのこだわり

    日本の家は様々な工法で創られており設計やデザインによって最適な工法、素材は異なります。エイキハウスでは多くの工法や素材をじっくりと比較検討し、独自のルールを定めています。

    基礎や工法はもちろん、サッシ、外壁、断熱材も法的基準を遥かに上回る強度と快適性を備えたものを採用し、どんな状況でもオーナー様が安心して暮らせる家創りを実践しています。「構造」という目に見えない部分にも徹底してこだわる、それがエイキハウスの考え方です。
    耐震施工においてはひとつひとつの機能よりも、それらのトータルバランスが一番重要だと考えます。機能はあくまで耐震能力を補う要素にすぎないのです。

    強い基礎(平面・地震エネルギーの分散)
    強い壁(立体・引き抜き・圧縮への抵抗)
    強い構面(ねじれ防止)
    強度がに優れた無垢桧を柱・土台に採用
    バランスの良い設計


    これらは地震に対して最低限やるべきことです。

  • オリジナル建具・家具へのこだわり

    自分のスタイルを大切に出来るのがオリジナル建具の最大の魅力。キッチンなどの住宅設備からリビング家具に至るまでお客様の目指すライフスタイルに合わせた生活空間を演出できるのもオリジナルならではの魅力です。使い勝手はもちろん、美しさや快適さにもこだわり、バリエーション豊富に展開しております。

    キッチン、リビングドア、無垢フローリング、リビング家具、ダイニングセット、階段・手すり、洗面化粧台、などオリジナルインテリアをご用意いたしております。

    エイキハウスの家作りは、ライフスタイルや、個性をしっかりとお聞きしながら、既製品では対応しきれない細かいところまで打合せを行います。色やデザイン等を吟味して自分にピッタリのものを見つけてください。